トレンドマイクロ ダイレクトストア:法人向けトレンドマイクロ製品のオンライン販売サイト

   

Trend Micro Portable Security 2™ (TMPS2)

トレンドマイクロ ポータブル セキュリティ 2

スタンドアロン/クローズド環境向けウイルス検索・駆除ツール Trend Micro Portable Security 2™
特長1 集中管理

各拠点の管理用端末で集約した検索ツールの検索ログを一元的に把握したり、検索ツールのパターンファイルのアップデートや各種設定を一括で行うことが可能。さらに、ロックダウン型セキュリティ対策ソフト「Trend Micro Safe Lock(別途有償)」のイベントログもTMPS2の管理プログラムで把握することもできます。

集中管理型運営
特長2 かんたん運用

LEDによる検索ステータス、結果の通知

検索ツールに搭載されたLED(青/黄/赤)により、検索ステータスと結果を通知。画面で検索状況を逐一チェックする必要がないため、業務効率を妨げることなく、検索状況・結果を確認できます。

ウイルスが検出されなかった場合、青色LEDが点灯 ウイルスが検出され、処理された場合、黄色LEDが点灯 ウイルスが検出され、処理待ちの場合、赤色LEDが点灯

検索ツールのみでのウイルス検索・駆除とパターンファイルのアップデートが可能

管理プログラムを使用しないモードを選択することにより、管理用端末を用意することなく、検索ツールとインターネット接続された汎用端末を用いてパターンファイルのアップデートやログの閲覧が可能。管理用端末を別途用意できない場合でも、簡単にセキュリティ対策が可能です。

検索ツール単体運用

特長3 インストール不要※1

検索用ソフトウェアをインストールせずに(※1)対象機器のウイルス検索が可能。ベンダーのサポートやパフォーマンス上の懸念等からソフトウェアのインストールが制限されている端末に対し、検索プログラムのインストールなしでウイルスチェックが可能です。

※1 ウイルス検索時に、一時的に検索対象端末にドライバおよびローカルHDDにファイルを作成するが、検索終了後、検索対象端末に当該ドライバおよびファイルは残らない。

その他の機能強化ポイント
USBブート検索機能※2

一部の組込機器など、現場担当者がWindowsのコンソールを利用できない場合でも、USBブートによりウイルス検索・駆除が可能です。また、マスターブートレコード(MBR)に感染したウイルスの検索・駆除を行うこともできます。

英語・日本語のUIサポート

画面に表示される言語を日本語か英語から選択できます。表示言語の変更は設定画面から行えます。

OSのサポート追加

Windows 8, Windows Server 2012, Windows Embedded Standard 7などのEmbedded OSを検索ツールのサポート対象として追加しました。

パフォーマンス改善

検索ツールのメモリ使用量削減により、低スペックPCの検索が可能となりました。

解像度の改善

検索ツールでは、ディスプレイの表示領域のサイズが縦640x横480の解像度で検索画面を表示できます。

※2 USBデバイスからのブートアップに対応していない場合やEFI/UEFIを利用している場合、RAID環境、HDDの初期化にMBRではなくGPTを利用している場合、HDDがSCSI接続されている場合などはサポート対象外です。USBブート検索を行った際、ログは検索対象端末のローカルハードディスクに作成されます。

今まであきらめていた... スタンドアロン/クローズド環境にある端末への ウイルス対策を可能に!

Trend Micro Portable Security 2は、ウイルス対策が難しいスタンドアロン/クローズド環境の端末や、ウイルス対策ソフトをインストールできない端末に対して、最新のパターンファイル(※3)によるウイルス検索・駆除を実現します。

利用イメージ

※3 管理用コンピュータにてパターンファイルをアップデートした時点での最新のパターンファイルにてウイルスチェックを行う。なお、TMPSは管理用コンピュータのウイルス検索は行わない。

販売形態:パッケージ


最小購入本数    3年版/5年版:1本〜
新規/更新:5本〜 追加:1本〜
※TMPS1.5以前の製品をお持ちのお客さまが移行版を購入される際は、1年版をお持ちの場合は、移行1年版を、3年版もしくは5年版をお持ちの場合は、移行3年版/5年版を選択してください。
※新規標準価格は、1年間のスタンダードサポートサービス料金、ハードウェア保証を含むウイルス検索・駆除ツール1本あたりの使用許諾料金です。2年目以降、引き続きソフトウェアのサポートを希望される場合は1年ごとに契約の更新が必要です。
※3年版/5年版には「更新」の概念はありません。この契約期間内はハードウェアの交換保守を行います。また、契約期間途中の「追加」はできませんので、その際は別ライセンスIDで新規でご購入ください。

システム要件/制限事項

詳しくはこちら

ページトップへトップへ戻る